この症状克服したい

PICUP

適切な方法

画面を見る男性

アルコール依存症は自分でコントロールができないという特徴があります。何よりもお酒を優先にしてしまうことがありますが、しっかりとクリニックで治療すると改善できます。

もっと読む

継続的な治療

頭を抱える女性

依存症には、ギャンブル依存症があります。どんなことがあってもギャンブル優先したり、行動したりします。この症状を改善するためには専門的なクリニックに外来し、適切な治療を受けましょう。

もっと読む

CONTENT

相談

薬物と心のつながり

薬物依存症になることで、精神的にも身体的にも悪影響が出てきます。そのため、しっかりとした治療を行なうことが大切ですが、薬物依存症について知識をつけることも大切です。

医師

検査でわかる症状

依存症になっているときには、脳内の活動をみるために検査をすることが大切です。依存症になっているときには、脳内の血流などの動きが正常ではない場合があるので検査をしましょう。

有害な習慣を改善

上を見る男性

世の中にはいろいろな人がいますが、その中には精神的に障害をもっている人がいます。代表的な精神障害としてうつ病がありますが、その他にも依存症という精神障害があります。これは、社会適応が困難になっており、やめようとおもってもやめられない有害な習慣のことを言います。代表的なのがタバコです。タバコは体に悪いと言われており、喫煙者もそのことをわかっています。しかし、タバコに含まれている成分によってやめられなくなっています。また、禁煙をやろうとしてやめられない人は、この依存症に当てはまるでしょう。
依存症はタバコだけでなく、いろいろなものがあります。それを大きく分類すると3つあり、一つは物質嗜癖や行動嗜癖、それから関係嗜癖があります。物質嗜癖では、アルコール依存症やニコチン依存症、ドラッグなどの薬物依存症などがあります。次に行動嗜癖では、ギャンブル依存症や借金癖、過食障害や買い物依存症、窃盗癖などがあるでしょう。最後に関係嗜癖では、恋愛依存症やセックス依存症、暴力的人間関係や共依存などがあります。これらの嗜癖は、依存している人の気分を劇的に変化させる症状や、心にある空虚感を埋めることがきっかけになっています。

一度依存症になってしまうと精神的ストレスがかかり、良くない状態が続きます。依存症という有害な習慣が過剰になり、何もしないでおくとコントロールすることができなくなります。そうなると、本人の意志では嗜癖から抜け出すことが難しくなるでしょう。
物質嗜癖ではアルコールやニコチン、薬物などが身体的負担になり、体の中がぼろぼろになってしまいます。最悪の場合は普段の生活ができなくなり、病気に発展してしまう可能性があります。さらに精神的ストレスもかかるので、不安定な精神状態になるでしょう。
依存症である嗜癖は中毒と言われることがありますが、一般的には嗜癖と中毒は異なります。嗜癖の場合は本人の意志が関係してきます。そのため、本人が嗜癖をやめようと努力をしている人もいます。苦労している人も多くいるので、依存症について理解してあげることが治療をするにあたって大切なことになるでしょう。
依存症を改善するためには専門クリニックの力が大切です。適切な検査をし、効果的な治療を行なうことが早く改善するために必要になるでしょう。どこで治療をすればいいかわからないときにはインターネットで調べ、いつくか問い合わせてみます。そうすると不安なことを改善できるでしょう。

TOP