検査でわかる症状

医師

依存症や心の病気になると脳内の活動に何らかの変化が出てきます。そういった症状を知るためにも専門外来で検査が大切です。専門外来では、脳内の変化を調べられる光トポグラフィー検査ができます。光トポグラフィー検査は、脳内に安全な近赤外光を頭の血流を測定します。そうするとうつ病や双極性障害、統合失調症や依存症などを判別が可能です。検査の前には問診を書きますが、それと検査結果を踏まえてどんな病気になっているかを診断します。専門外来クリニックで検査をするときや初めて受診するときには、予約をとっておきましょう。
予約は、簡単でインターネットから行なえます。申し込み方法は簡単で、まずは予約日や時間、診察してもらう内容を選びます。それから氏名や年齢、住所等を入力すると簡単に予約ができます。予約当日に来院し、検査の説明を受けましょう。そうして光トポグラフィーを行ないます。光トポグラフィーは気軽に使え、装置が頭にしっかりと固定されるように取り付けます。そうすると検査が行なわれ、脳内の動きを見ていきます。検査は赤外線を使っており、脳内の血流の流れを知られるでしょう。
検査の方法は、装置を装着した状態で「い」から始まる言葉を考えてもらい、そのときに脳内にどれくらい血液の量が流れているのかをチェックします。そうすると脳内の動きを見られ、どんな異常があるのかがわかります。また、カウンセリングなども行なっているので、依存症のなっている種類や原因等が明確になるでしょう。依存症の治療をするときには適切な検査やカウンセリングを行ないます。

依存症を改善するためには治療が大切ですが、依存の原因になっている物を断つことも重要です。そうやって慣れるまでには時間がかかりますが、それを乗り越えない限りは普通の状態に戻ることは難しいです。禁断症状が出なくなるまで治療を行ない、脳を検査して正常な脳内になっていれば克服できたという目安になります。治療を行なっててく中で、一番きついのは禁断症状が出ている時でしょう。周りに迷惑をかけない程度に没頭できる趣味等を見つける、他の人に励まされながら治療を行なうと辛い時期を乗り越えられるはずです。また、実際に立ち直った人から話を聞き、その人が行なったことを参考にすると克服できるでしょう。

TOP