適切な方法

画面を見る男性

依存症の一つとして、アルコール依存症があります。世の中には、お酒を飲む人と全く飲まない人がいます。大量にお酒を飲むとアルコール依存症になってしまうのですが、アルコール依存症になってしまうと大切にしないといけない家族や仕事、趣味などよりも飲酒を優先させてしまう状態になっています。具体的には、飲酒に対して上手く調整ができない、離脱症状が見られる、健康問題などの原因がアルコール摂取とわかっていてもやめることができないなどの症状があります。

これらの症状を改善するためには、治療が必要になります。治療をするときには、基本的に入院治療です。入院治療では解毒治療やリハビリ治療、退院後のアフターケアがあります。解毒治療は一般的な病院でも可能ですが、リハビリ治療や退院後のアフターケアは依存症の専門的な知識やノウハウが必要になるので、専門クリニックの利用が大切でしょう。

解毒治療では、入院をした患者に対して精神と身体に見られる症状の治療を行ないます。離脱症治療をするときには、アルコールの代わりの薬物を摂取すると症状を抑えられます。この処置を行なわずに体内にあるアルコールを排除すると、離脱症状を悪化させる危険性がありますので、気を付けましょう。また、解毒治療は約2週間から4週間行なわれます。

そしてリハビリ治療を行ないます。精神と身体の症状が回復した後は、断酒を目標に本格的な治療を行なっていきます。依存症のリハビリ治療をするときには、患者に対して飲酒問題を意識させ、生活に関係してくる問題を解消していきます。そうすることで断酒すると決意しやすくなり、断酒治療を継続的に行なってきます。アルコール依存症を改善するときには、しっかりと知識をつけて個人カウンセリングを行ない、断酒する意図をしっかりと把握しておくことが必要になるでしょう。治療をするときには抗酒薬などを投与し、断酒をするようにします。また、リハビリ治療は2ヶ月くらい行ないます。

断酒をして退院すると、断酒継続をサポートをすると共に再飲酒したときにはすぐに治療や対処を行ないます。一般的にアフターケアでは、通院や抗酒薬の服用、自助グループに参加があります。退院した患者に積極的に参加が大切です。断酒をするためには、抗酒薬がとても効果を発揮するので断酒ができます。これらの依存症の治療法を頭の中に取り入れておき、治療が必要なときにはすぐにクリニックに相談しましょう。

TOP